メインイメージ

フランチャイズビジネス

フランチャイズビジネスの現実は甘くありません

フランチャイズビジネスが最近注目されています。独立開業を目指す人にとって、すでに認知度の高いブランドを利用してビジネスができるということは、高い優位性があると思われます。また、開業を全面的に支援してくれる場合も多く、店舗の場合立地を選択してくれたり、顧客を予め囲い込んでくれたり、さらには開業資金を全額負担してくれO円で開業できる場合もあります。
このように一見いいことづくめに見えるフランチャイズビジネスですが、開業時によく見極めないと、厳しい現実に直面することが多々あります。
フランチャイズビジネスは、先行投資型ビジネスと言ってもよいでしょう。フランチャイズを仕掛ける側は、開業する人に資金面を含め、多大な支援を行います。しかしそれは、早く利益を生む形を作り、早く還元してほしいからです。そのために、多くの制約が与えられる場合があります。
例えばコンビニを例にとった場合、商品の仕入れ、販売、陳列、廃棄などのルールが細かく定められており、オーナーが自分の判断で商品を増やしたり減らしたり、、勝手に値下げをしたり、廃棄したりすることはできません。また、オーナーに入る利益も少ないうえ、売れ残った商品はすべて買い取りなどの場合もあります。これは開業時に投資した利益を回収するといった視点では当然のことです。しかし、オーナーから見た場合には思ったように利益が上がらない、という感覚にとられることも多々あり、トラブルの原因にもなります。このようなことが無い様開業前にこのような点をよく理解し、事前に利益シミュレーションを行った上で、開業を判断することが必要です。
フランチャイズの仕組みは開業する人にとって上手に利用すれば開業のハードルを低くしてくれる優れた仕組みです。しかし、最近は甘い言葉で開業者を募り、実際には利益が上がらないのに上がるように見せかけて開業者から利益を搾り取ろうとする悪質な業者も見受けられます。このような事態を避けるために、フランチャイズ開業であっても独自で開業する場合と同様、綿密なビジネスモデルを描いておくことが重要です。