メインイメージ

気になるフランチャイズ閉店率

気になるフランチャイズ閉店率について

サラリーマン生活を経験し、その生活に非常に疑問を感じる人が増えています。何故ならどんなに能力があっても、人の何倍も働いてもその働きに見合うだけの収入が得られず、誰もが順調に出世できるわけではないからです。サラリーマンはどんなに自分の身を酷使して働いたとしても、収入はある一定ラインでストップし、個人事業主ほどの多くの収入を得ることはできないのです。もっと豊かな暮らしがしたい、仕事にやりがいを感じたい、働き分に見合った収入が欲しいとして脱サラして独立開業する人も多くなっているのです。そんな中、脱サラの人にフランチャイズの独立開業が人気となっているのです。フランチャイズによっては開業するのに資金援助を受けることができたり、ローンを組んで開店できたり、フランチャイズによっては自己資金ゼロで始めることができるものもあるのです。なによりフランチャイズの本部から経営方法、在庫管理、仕入れ先の紹介、製造方法、サービスなど全てマニュアル化され無償でレクチャーしてもらえるのが魅力と言えます。そのため経営について無知なサラリーマンでもこのマニュアルがあれば即日フランチャイズの店長として独立開業できるのです。独立開業は始めやすいものの、その店舗を良い立地に開店しなければ一向に売り上げが伸びず閉店に追い込まれることも多々あるのです。特にライバル会社のコンビニエンスストアが乱立するエリアは閉店率が高くなります。コンビニエンスストアは一つ道を挟んで両隣にライバル店が軒を並べることも珍しくありません。こうした隣り合わせに店に並んでいる場合は、5割と言う高い確率で閉店に追い込まれることもあるのです。大阪心斎橋に大手百貨店が隣同士に立ち並び、やはり一方の百貨店が閉店に追い込まれています。しかし隣同士にコンビニエンスストアが軒を並べることは、切磋琢磨企業努力をするので、消費者にとっては非常にメリットが多くなるのです。