メインイメージ

フランチャイズの評判

フランチャイズの評判について

日本のサラリーマンの終身雇用制はもはや崩壊してしまいました。サラリーマンと言えども個人事業主と同様、能力が問われ実力のある者だけが生き残れるようになっているのです。しかし個人事業主とサラリーマンの決定的違いは、収入にあると言えるのです。個人事業主、所謂自営業者は、自分が頑張ったら頑張っただけ収入に跳ね返り、多くの収入を見込むことができます。非常にやりがいを感じ、生活にゆとりもうまれるのです。しかしサラリーマンの給与には限界があるのです。頑張っても頑張ってもある一定ライン以上の収入を見込むことはできません。こうしたサラリーマンの生活に嫌気がさし、独立開業を考える人が多くなっています。特に脱サラの人が独立開業する上で評判が良いのがフランチャイズの経営です。フランチャイズは経営に関して素人であっても、フランチャイズの本部からノウハウや経営方針、人材教育、サービス方法、調理法など全て無償で提供してもらえるのです。そのため
昨日までサラリーマンだった人でも即日経営者としてやっていけるので、特に脱サラの独立開業に定評があるのです。しかしながらフランチャイズの業種によっては、こうしたノウハウを提供してもらう代わりに365日を覚悟して働かなくてはいけません。特に深夜営業の居酒屋チェーン店は店長ともなるとかなり過酷な労働になることは間違いありません。体力、精神力ともに強靭でなければ、とても居酒屋の店長は務まるものではないのです。しかしアルコールが入ると客単価は上がり、利益も上場し、サラリーマン時代では考えられないほどの収入を見込むことができるのです。まさにやればやるほど、頑張ったら頑張っただけ収入を自ら増やすことができ、非常にやりがいを感じる職業であることに間違いはないのです。しかしフランチャイズの店舗である限り、本部にインセンティブやロイヤリティーを売り上げの何パーセントか納めなければならないことも念頭に置いて経営しなければいけません。